for BackOffice

2013年10月31日 制定

はじめに

1. この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、日本法人である株式会社ZOZOテクノロジーズ(以下、「当社」といいます。)が運営するファッションに特化したソーシャルネットワーキングサービス、WEAR(以下、「WEAR」といいます。)についてブランドパートナー(第1条に定義します。以下同じ。)の利用に関する条件を定めたものです。

2. WEARの利用を希望するブランドパートナーは、本規約の条項を完全に理解し、かつこれに同意して頂く必要があります。当社は、ブランドパートナーによるWEARの利用により、本規約の全ての条項が完全に理解され、かつ同意されたものとみなします。なお、当社はブランドパートナーの適法かつ有効に授権された従業員等により、本規約の全ての条項が完全に理解され、かつ同意されたものとみなします。

3. 当社は、ブランドパートナーの事前の承諾を得ることなく、WEAR上での掲載又はブランドパートナーに対してメール送信をする等、当社が妥当であると判断する方法でブランドパートナーに公表又は通知することにより、任意に本規約の全部又は一部を変更できるものとします。

第1条 定義

本規約において使用される用語は、以下各号に定めるとおり定義されるものとします。
(1)「ブランドパートナー」とは、当社所定の手続に従い、本規約の全条項を完全に理解及び同意した上で、ブランドパートナー登録を申請し、当社がこれを承認した者をいいます。
(2) 「ブランドスタッフ」とは、ブランドパートナーのオフィス又は実店舗等において勤務する者を総称します。
(3) 「商品情報」とは、ブランドパートナーが販売する商品のブランド名、商品名、商品画像、スナップ画像、販売価格、カテゴリ、カラー、サイズ、バーコード情報、販売先ECサイト(本条(4)に定義します。)、その他当社が指定する商品に関する情報を総称します。
(4) 「販売先ECサイト」とは、WEARに掲載されている商品の購入先として設定されたWEARから遷移するECサイトをいいます。

第2条 ブランドパートナー登録

1. 当社は、以下の何れかの事由が判明した場合は、ブランドパートナー登録を承認しないことができるものとします。また、ブランドパートナーの登録完了後に、以下の何れかに該当する事由が生じた場合、当社は、何ら事前に通知することなく、当該ブランドパートナーに対してWEARの利用停止、登録抹消、その他当社が適当であると考える措置を講ずることができるものとします。
(1) ブランドパートナーが拠点を有する国の法令においてWEARを利用することが禁止されている場合
(2) ブランドパートナーによる登録申請の全部又は一部に虚偽又は誤解を生じさせる事実又は情報が含まれている場合
(3) 過去に当社の提供する何らかのサービス(WEARを含みますが、これに限りません。)の規約に違反したことにより、ブランドパートナーが、当社から何らかの処分を受けていた場合
(4) 過去に当社との何らかの契約(WEARを含みますが、これに限りません。)に関連して、正当な理由なく、ブランドパートナーが料金等の支払債務を遅滞しその他の債務不履行に陥っていた場合
(5) その他登録を承認することがWEARの運営・管理のために、不適当であると当社が合理的に判断する場合

2. ブランドパートナー登録を申請した者は、当該申請に対して当社からこれを拒否する旨の意思表示がない限り、次の画面に遷移した時点で承認したものと見做されます。

3. ブランドパートナーは、ブランドパートナー登録時のメールアドレス及びパスワードの不正利用の防止に努め、かつその管理について一切の責任を負うものとします。なお、ブランドスタッフにWEARを利用させる場合、当該ブランドパートナーは、当該ブランドスタッフが使用するメールアドレス及びパスワードを厳重に管理するものとします。

4. 商品情報の登録、その他WEARへのアクセスに関連して送信された登録時のメールアドレス及びパスワードが、ブランドパートナーの申請に基づき登録されたメールアドレス及びパスワードと同一である場合には、当社は、ブランドパートナーからの送信と見做します。また、当社は、当該メールアドレス及びパスワードを利用して行われた不正使用その他の事故等によりブランドパートナーに生じた損害について何ら責任を負わないものとします。

5. ブランドパートナーは、当社に登録されているブランドパートナー情報の全部又は一部に変更が生じた場合には、直ちに登録内容を変更するものとします。当該変更を行わなかったことに起因してブランドパートナーに何らかの損害が生じたとしても、当社は、当該ブランドパートナーに対し一切の責任を負わないものとします。

第3条 退会

1. ブランドパートナーは、当社所定の手続に従い、いつでも退会することができるものとします。なお、ブランドパートナーによる退会手続の完了がWEAR上に反映されるまで、一定の時間を要することにより、当該ブランドパートナーが何らかの損害を被ったとしても、当社は何らの責任を負わないものとします。

2. ブランドパートナーは、退会手続の完了により、WEARに関連して提供される全てのサービスを受ける権利、電子メール等による情報の提供を受ける権利、キャンペーンやアンケート等に参加する権利等を含め、WEARに関する一切の権利及び機会を失う場合があることにつき承諾するものとします。

第4条 商品情報の登録

1. ブランドパートナーは、当社が定める方法に従い、商品情報を登録することができます。
2. 万一、ブランドパートナーが第7条(12)各号に定める商品情報を誤って登録した場合は、直ちに登録した内容を修正、変更又は削除するものとします。
3. ブランドパートナーは、その商品又は販売先ECサイトについて製造若しくは表示上の瑕疵その他の問題に関連して行政指導等を受けた場合(又は受ける恐れがある場合)、又はその他商品に関連して重大な問題があると判断した場合は、直ちにその旨を当社に対して通知し、かつ必要な措置を講ずるものとします。
4. 当社は、以下の何れかの事由に該当する場合、商品情報の内容の修正、変更又は削除を行うことができるものとします。また、当社は、自らの裁量により商品情報の全部又は一部の掲載を停止することができるものとします。
(1) 商品及び商品情報が本規約又は適用法令に違反するものであることを発見した場合
(2) 商品情報をWEAR上に掲載するために必要な処置を行う場合
(3) 第三者から商品情報に関連するクレーム等が多発した場合
(4) 商品情報に関連して紛争が生じるおそれがあると当社が合理的に判断した場合

5. 商品情報に関連して、当社が第三者から問い合わせ、クレーム、法的措置(損害賠償の請求、使用差止の請求など、その内容の如何を問いません。)等を受け、これにより当社に何らかの損害又は損失が生じた場合、ブランドパートナーは、当該損害又は損失の一切を賠償するものとします。また、当社は、商品情報に関連してブランドパートナーに何らかの損害又は損失が生じたとしても、当該損害又は損失に関して一切の責任を負わないものとします

第5条 その他情報の登録

1. ブランドパートナーは善良な管理者の注意をもってWEARに表示されるブランドパートナーの企業情報、店舗情報、スタッフ情報、ブランドスタッフによる投稿情報を入力及び管理するものとし、これらについて一切の責任を負うものとします。

2. ブランドパートナーは自己の商品の宣伝広告のために、当社所定の方法に従ってブランドスタッフにWEARを利用させることができるものとします。この場合、当社はブランドスタッフの個人情報をWEARプライバシーポリシー に従って管理するものとします。また、ブランドパートナーはブランドスタッフをしてWEAR ユーザー利用規約 の内容を遵守せしめるものとし、更にプライバシーポリシーを理解した上で使用させるものとします。

3. ブランドパートナーはブランドスタッフの作為、不作為について当社又は第三者に対して一切の責任を負うものとします。

第6条 個人情報

当社がWEARに関連して取得する個人情報(閲覧履歴等プライバシー情報、その他一切の情報を含みます。)及びこれを利用する権利は全て当社に帰属するものとします。

第7条 禁止事項

ブランドパートナーは、WEARの利用に関連して、以下各号に規定する行為又はこれに該当するおそれがある行為を行ってはならないものとします。万一、本条の違反に起因して当社又は第三者に対し何らかの損害、損失又は費用が生じた場合、ブランドパートナーは、当該損害等を全て賠償する責任を負うものとします。この場合において、当社は、何ら事前に通知することなく、当該ブランドパートナー及びブランドスタッフに対してWEARの利用停止、登録抹消その他当社が合理的であると考える措置を講ずることができるものとします。

(1) 本規約、法令、政省令、規則若しくは条例に反する行為又はこれらの行為を教唆、誘引、勧誘幇助若しくは助長する行為

(2) 登録申請に関連して虚偽又は誤解を生じさせる情報又は事実(第三者に関する情報又は事実を含みますが、これに限りません。)を利用した行為

(3) WEARの円滑な運営を妨げる行為又はこれに支障をきたす行為

(4) 第三者のメールアドレス又はパスワードを不正に使用する行為

(5) 正当な理由なく、第三者又は当社に対して何らかの損害、損失若しくは費用を生じさせる行為

(6) 第三者若しくは当社の著作権等の知的財産権、営業秘密、ノウハウ、肖像権、人格権、名誉権、プライバシー権、パブリシティ権その他の権利を侵害する行為又はそれらのおそれのある行為

(7) 公序良俗に反する行為

(8) 出会い系サイト、アダルトサイトその他の違法・有害サイトに誘導する情報(単にリンクを張る行為を含みます。)を掲載する行為

(9) WEARに掲載されている画像、テキスト等のコンテンツを自己の事業で使用する行為

(10) WEAR以外で第三者の個人情報を当社及び当該第三者の事前の同意を得ることなく、取得、蓄積、保存、販売、頒布、公開、その他の利用をする行為

(11) WEARを商業目的で利用する行為(但し、当社が予め承諾した場合を除きます。)

(12) 以下に規定する(これに該当するおそれがあるものを含みます。)商品情報を登録すること。

① 覚せい剤、麻薬、向精神薬、大麻、あへん、毒物、劇物等の禁制品及び大麻種子、合法ドラッグ(脱法ドラッグ)に関連する商品情報

② わいせつ物、児童ポルノに関連する商品、アダルトビデオ、DVD、ヌード写真、アダルトグッズ、ゲーム等

③ 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、肖像権等第三者の知的財産権を侵害する商品情報

④ 詐欺、恐喝、横領、背任その他違法な手段により入手した商品情報

⑤ 自殺、自傷行為、薬物乱用等を教唆、誘引、勧誘、幇助又は助長する商品情報

⑥ グロテスク、暴力的な写真、その他一般の方にとって不快に感じると当社が合理的に判断する商品情報

⑦ 露出度の高い動画、画像(モザイク、ぼかし等を入れたものも含みます。)その他当社がわいせつであると合理的に判断する商品情報

⑧ 性交、性交類似行為、その他の猥褻な行為を目的とした売春、出会い等を勧誘、誘引又は助長する商品情報

⑨ 人種、民族、性別、社会的身分、宗教、信条等について、差別につながる又は差別を助長する商品情報

⑩ 虚偽の事実及び情報又は第三者の誤認・混同を生じさせる商品情報

⑪ 法令に違反する商品情報

⑫ その他WEARの管理・運営のために、当社が不適当であると合理的に判断する商品情報

(13) その他WEARの管理・運営のために、当社が不適当であると合理的に判断する行為

第8条 サービスの変更及び運用の停止・中止

1. 当社は、任意にWEARを構成するサービスの全部又は一部を変更することができるものとします。

2. 当社は、ブランドパートナーに対し、WEARに関連して有料で利用できるサービスを提供することができるものとします。この場合において、ブランドパートナーが当該有料サービスの利用を希望する場合するには、当該ブランドパートナーは、当社が別途定める有料サービスに関する利用規約に従うものとします。

3. 当社は、以下各号の何れかの事由に該当する場合、WEARの運用の全部又は一部を停止若しくは中止することができるものとします。

(1) 当社が、定期的又は緊急にコンピューターシステムの保守又は点検を行う場合

(2) 火災、停電、天災地変、戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議等の予期せぬ事由によりWEARの提供が不能又は困難となった場合

(3) コンピューターシステムの機能不全、第三者からの不正アクセス、コンピューターウイルスの感染等によりWEARの提供が不能又は困難となった場合

(4) 行政機関、司法機関その他の公的機関から相当な根拠に基づきWEARの停止又は中止を要請された場合

(5) その他社システムの停止又は中止が必要であると当社が合理的に判断した場合

4. 当社は、前項に基づきWEARを停止又は中止する場合、事前にWEAR上での掲載又はブランドパートナーに対してメール送信をする等、当社が妥当であると判断する方法によりブランドパートナーに公表又は通知するよう努めるものとします。但し、事前の公表又は通知が合理的に不可能又は困難な場合、及び緊急を要する場合は、この限りではありません。

5. 当社は、WEARの停止、中止又はサービスの変更に起因してブランドパートナーに何らかの損害が発生したとしても、当該ブランドパートナーに対し一切の責任を負わないものとします。

第9条 サービスの終了等

1. 当社は、任意にWEARを構成するサービスの全部又は一部を終了することができるものとします。

2. 当社は、ブランドパートナーが第2条に基づきWEARの利用停止処分及び登録抹消処分等を受けた場合、並びに第3条に基づき退会した場合、ブランドスタッフが投稿した画像、テキスト等のコンテンツの公開を停止しますが、第4条の商品情報(スナップ画像を除きます。)及び第5条のその他情報については、第11条第3項に基づきWEAR上での掲載を継続します。

3. 当社は、サービスの全部又は一部が終了した場合、ブランドスタッフが投稿した画像、テキスト等のコンテンツ及び、第4条の商品情報及び第5条のその他情報を、第10条第3項に基づきWEAR上での掲載を継続します。

4. ブランドパートナーは、サービスの全部が終了した場合(ブランドパートナーが第2条に基づきWEARの利用停止処分及び登録抹消処分等を受けた場合、並びに第3条に基づき退会した場合を含みますがこれらに限りません。)、本規約は終了しますが、第1条、第2条第1項、同条第4項、同条第5項、第3条、第4条第3項乃至同上第5項、第5条第1項、同条第3項、第6条、第7条、第8条第1項、同条第3項、同条第5項、第9条、第10条、第11条第1項、同条第3項至第5項、第12条乃至16条については以後効力を有するものとします。

第10条 免責事項

1. 当社は、WEARを構成するサービスの安全性を確保し、かつサーバ、ソフトウェア等に生じたバグの修正及び改良に商業上合理的な範囲で努めますが、現在及び将来に亘って、これらの不発生及び不存在を保証しないものとします。

2. 前項及び本規約に別段の定めがある場合に加え、当社は、以下の事由によりブランドパートナーに対して生じた損害及び損失について一切の責任を負わないものとします。

(1) WEARの内容又は利用

(2) 登録情報及びブランドパートナーのデータ消失

(3) 販売先ECサイトの提供する商品並びにサービスの適法性、有効性、正確性、確実性、安全性及び完全性

(4) WEARから他のウェブサイト若しくはリソースへのリンクを提供している場合の当該リンク先の内容、利用及びその結果(適法性、有効性、正確性、確実性、安全性、最新性及び完全性を含みますが、これらに限りません。)

(5) 当社が本規約に従って講じた処置

(6) WEARを利用する者(本規約及びWEAR ユーザー利用規約 の適用を受ける者を含みますがこれらに限りません。)の適格性及び一切の作為、不作為

(7) ブランドスタッフの適格性及び一切の作為、不作為

3. 本規約に定められている当社の責任の免責に関する規定における免責対象には、直接損害・間接損害・偶発損害・派生損害・懲罰的賠償に基づく損害等の一切の損害が含まれます。但し、ブランドパートナーが拠点とする国における法令に照らして当該損害への免責が否定される場合は、当該法令に照らして最大限認められる範囲において当社の責任が限定されるものとします。

第11条 知的財産権等

1. 当社は、WEARにおいて表示される画像、テキスト、デザイン、ロゴ、映像、プログラム、アイディア、バナー、音楽、並びにWEARに表示されるトピックス、ニュース及びメールマガジンに掲載される情報等及びこれに関連する一切の知的財産権を全世界において独占的に保有するものとします。但し、ブランドパートナーが登録した商品情報については、本規約以外の取引において当社とブランドパートナーとの間で別段の合意をした場合を除き、ブランドパートナー又は適法な利用権者に帰属するものとします。

2. ブランドパートナーは、WEARにおいて自らが利用及び処分する権限を有し、かつ適法並びに有効に投稿及び登録する権限を有する商品情報のみを登録するものとします。

3. ブランドパートナーは、WEAR及び当社が運営するサービスの宣伝広告並びに当社及び当社の関連会社の事業での利用等のために、商品情報、商標、ロゴ等の知的財産権の全部若しくは一部を、当社及び当社の関連会社が別途提供するサービスに必要な範囲で全世界において無償且つ非独占的に利用する権利を許諾するものとします。

4. 本条の規定に違反して、ブランドパートナーが第三者との間で何らかの問題が生じたとしても、ブランドパートナーが自己の責任と費用において当該問題を解決し、当社に対して何らの損害、損失又は費用を生じさせないものとします。また、万が一、当社に何らかの損害、損失又は費用が生じた場合には、ブランドパートナーは、当該損害、損失又は費用を全て賠償又は支出するものとします。

5. ブランドスタッフがWEARを利用する場合は、当該ブランドパートナーは、そのブランドスタッフをして、その在籍中及び退職後に、WEARの利用に関連して人格権、著作者人格権、肖像権、名誉権、プライバシー権及びパブリシティ権を現在及び将来にわたって当社に対して権利行使させないものとします。

第12条 権利義務の譲渡禁止

ブランドパートナーは、当社の書面による事前の承諾なしに、本規約に基づく契約上の地位及び一切の権利又は義務を、第三者に対し譲渡、承継、質入その他一切の処分をしてはならないものとします。

第13条 損害賠償

本規約に別段の定めがある場合を除き、ブランドパートナーの責に帰すべき事由により当社又は第三者に損害が発生した場合は、ブランドパートナーは当該損害につき一切の責任を負うものとします。

第14条 分離可分性

本規約の何れかの条項が無効又は違法となった場合であっても、当該無効又は違法は、如何なる意味でも本規約の他の条項並びにその解釈・適用に何ら影響せず、これらの適法性及び有効性を損なわず、またこれらを無効にするものではありません。

第15条 準拠法

本規約の準拠法は日本法とします。理由の如何を問わず、本規約の適用又は履行に関連して日本法の適用が排除される場合には、本規約の趣旨及び条項が最大限に尊重され、かつこれに基づき紛争の解決が図られるものとします。

第16条 合意管轄

本規約に関して発生する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

help

CLOSE